臨床ブログ

臨床ネットスタッフによる「臨床試験こぼれ話」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

卵子提供ドナー募集(謝礼金35万円)

通常の臨床試験とは別に、卵子提供ドナーになって不妊症で悩むカップルを助けたいというご意思のある方を募集させていただきます。
募集要項は下記の通りです。

参加をご希望の方は、臨床ネットのサイトに記載されている連絡先メールアドレスからご連絡下さい。
この募集に関しましては通常の臨床試験のご紹介の場合とは異なり紹介料のお支払いは不要です。


■参加条件

下記の全ての項目に当てはまる方

・20歳から27歳までの健康な女性
・大学在学中、あるいは既卒者(短大はNG)
・渡タイ(2泊3日+1週間ほどの滞在)に同意できる方
・自己注射・全身麻酔に耐えられる方(インスリンなどのペン型の痛みのごく少ないものです)
・スケジュールの調整が可能な方
・不妊治療に悩むカップルを助けたいと考えている方

この募集につきましては通常の臨床試験とは異なりタイでの実施となりますが、日本国内在住の方が対象となります。
タイで実施されるとはいえ交通費は支給されますので、日本国内での臨床試験への参加の場合と感覚的にあまり違いは無いと思います。


■日程について

1.面談(不妊治療や卵子提供について説明)
2.最寄の産婦人科にて検査(性病など)
3.タイ渡航① 
  生理2日目にドクターと面談
  内診で子宮内膜をエコー検査+ホルモン値をはかるための血液検査
4.日本へ帰国
5.日本で自己注射開始(1日1回子宮近くの皮膚に左右毎日交互)
6.タイ渡航②
  自己注射7日目で再渡タイ
  自己注射8日目にドクターのもとで超音波検査
  自己注射9,10日目はタイのホテルにて自己注射
  11日目の夜、看護婦によるホテルでの注射
7.病院で採卵 (看護婦による注射から36時間後)
  軽い静脈注射で眠っている間に採卵(10分程度)
  1時間休憩後ホテルへ
8.日本へ帰国(採卵翌日)

最初の渡航から2回目の帰国までは最低3週間を見ていただければと思います。


■謝礼金について

謝礼金は35万円です。

渡タイ1回目ドクターとの初めての内診後に契約サインをしていただき、採卵完了後ご希望の銀行口座に振り込みとなります。

また、この謝礼金の他にも交通費(渡航費やタイ国内での宿泊費・送迎費等)や日本とタイでの検査費が支給されます。


■副作用等について

卵子提供は医療行為を含むものですが、卵子ドナーになることによってご自身が子供を産めない体になるということはございません。
自己注射は女性ホルモンですので、副作用としては個人差はありますが、気分がすぐれなかったり、浮き沈みなどがあるかもしれません。ただ、女性ホルモン自体はとても女性にとって優れているもの(肌がきれいなったりなど)ですので、害があるものではありません。


■募集期限

2010年4月末まで


参加をご希望の方は臨床ネットからお申し込み下さい。


スポンサーサイト
  1. 2010/04/09(金) 01:38:47|
  2. 試験情報

卵子提供ドナー募集(謝礼金35万円)

通常の臨床試験とは別に、卵子提供ドナーになって不妊症で悩むカップルを助けたいというご意思のある方を募集させていただきます。
募集要項は下記の通りです。

参加をご希望の方は、臨床ネットのサイトに記載されている連絡先メールアドレスからご連絡下さい。
この募集に関しましては通常の臨床試験のご紹介の場合とは異なり紹介料のお支払いは不要です。


■参加条件

下記の全ての項目に当てはまる方

・20歳から27歳までの健康な女性
・大学在学中、あるいは既卒者(短大はNG)
・渡タイ(2泊3日+1週間ほどの滞在)に同意できる方
・自己注射・全身麻酔に耐えられる方(インスリンなどのペン型の痛みのごく少ないものです)
・スケジュールの調整が可能な方
・不妊治療に悩むカップルを助けたいと考えている方

この募集につきましては通常の臨床試験とは異なりタイでの実施となりますが、日本国内在住の方が対象となります。
タイで実施されるとはいえ交通費は支給されますので、日本国内での臨床試験への参加の場合と感覚的にあまり違いは無いと思います。


■日程について

1.面談(不妊治療や卵子提供について説明)
2.最寄の産婦人科にて検査(性病など)
3.タイ渡航① 
  生理2日目にドクターと面談
  内診で子宮内膜をエコー検査+ホルモン値をはかるための血液検査
4.日本へ帰国
5.日本で自己注射開始(1日1回子宮近くの皮膚に左右毎日交互)
6.タイ渡航②
  自己注射7日目で再渡タイ
  自己注射8日目にドクターのもとで超音波検査
  自己注射9,10日目はタイのホテルにて自己注射
  11日目の夜、看護婦によるホテルでの注射
7.病院で採卵 (看護婦による注射から36時間後)
  軽い静脈注射で眠っている間に採卵(10分程度)
  1時間休憩後ホテルへ
8.日本へ帰国(採卵翌日)

最初の渡航から2回目の帰国までは最低3週間を見ていただければと思います。


■謝礼金について

謝礼金は35万円です。

渡タイ1回目ドクターとの初めての内診後に契約サインをしていただき、採卵完了後ご希望の銀行口座に振り込みとなります。

また、この謝礼金の他にも交通費(渡航費やタイ国内での宿泊費・送迎費等)や日本とタイでの検査費が支給されます。


■副作用等について

卵子提供は医療行為を含むものですが、卵子ドナーになることによってご自身が子供を産めない体になるということはございません。
自己注射は女性ホルモンですので、副作用としては個人差はありますが、気分がすぐれなかったり、浮き沈みなどがあるかもしれません。ただ、女性ホルモン自体はとても女性にとって優れているもの(肌がきれいなったりなど)ですので、害があるものではありません。


■募集期限

2010年4月末まで


参加をご希望の方は臨床ネットからお申し込み下さい。


  1. 2010/03/04(木) 00:32:11|
  2. 試験情報

GWなので


ついにGWなのですが…いちおう言っておきたいことがあります。

臨床試験に参加される方が、コレは対象です。
いつもの事なのですが、旅行や人と会う機会が増えるので
日焼けや暴飲暴食だけは避けてくださいね。

血液検査、尿検査に必ず反応するので、
健康診断時点で臨床試験参加を見送られるケースも否定できません。

日々の体調管理、私もまた心がけたいです。




臨床試験の参加は「臨床ネット」まで!
  1. 2009/05/02(土) 06:28:33|
  2. 管理人のひとこと

ちょっと遺憾な話

病院向け営業をやっている営業マンと話をした事があります。

どうやら特殊な業界なんで、診療科の先生でも把握がやや難しいとの事。
でも、どの会社を選ぶのかというのはきわめて重要な話ですよね。

にもかかわらず、とある病院の先生いわく
「どの会社でも同じなんでしょ」
「おたくの会社が、ウチと提携している技術が優れていようがウチには関係ない」
とか言われる始末。


そんな先生に言いたい。
誰が診療や治療を受けるのか?
最善の技術でもって医療を行うべきでないのでしょうか?

先生自身がどう考えようと一向に構わないのですが、
そんな言葉を聞いた患者さんはどう思ってしまうのでしょうか?

断るなら断るで、きちんとした対応も必要なんじゃないのかなと、思いました。


臨床試験の参加は「臨床ネット」まで!
  1. 2009/02/02(月) 16:31:10|
  2. 管理人のひとこと

治験(臨床試験)マンガ

都内の某大学付属病院へ行って来ました。
と、冊子・チラシを見かけたら、臨床試験を知ってもらうマンガが置いてありました。

おぉー、ついにやりましたね。
臨床試験の促進にはこういったモノが効果を示すのでしょう。
とても感心しました!!!


臨床試験の参加は「臨床ネット」まで!
  1. 2008/11/20(木) 18:00:20|
  2. 未分類

大雨

連日の大雨、雷には驚きました。
自宅、職場が浸水することは無かったのですが、
通勤途中の道路が水浸しでしたね。

また湿気も仕事での集中を欠く有様なので、
早いところ、解消されたいです。

そして今日も晴れたり、曇ったりと不安がよぎります。



臨床試験の参加は「臨床ネット」まで!
  1. 2008/08/30(土) 11:59:45|
  2. 管理人のひとこと

美容系?

某大手製薬会社FBM社の人と、先日話をした。

最近は、製薬だけでなく美容、つまりはアンチエイジングの分野にも力を入れているそうだ。
なんかイメージ狂うな、と思いながら、事業展開の資料を見せてもらった。

???5年以内に製薬を超える売上高を目指す???

うーむ、時代が変わったのだろうか?
アンチエイジング向けの薬なんて聞いた事はないし・・・
材料とは何だろうか、最近の細胞治療の事なのか?

製薬ばかりでなく、他の分野にも目を向けないと、イケナイと思いました。



臨床試験の参加は「臨床ネット」まで!

  1. 2008/07/15(火) 22:10:46|
  2. 管理人のひとこと

改正後の流れ

今年4月から処方される医薬品が優先的にジェネリック医薬品となり、もう1ヶ月となります。

それまでは、ジェネリック医薬品希望のカードを提示する必要があったのですが、
そうする必要が無くなったとも言えるでしょう。

日本もついにジェネリック医薬品が認められるようなりました。
それまでは、効果は同じでも製造過程の違いもあり、処方側もためらっていたようです。

時代は変わりつつあるなぁと実感するとともに、
臨床試験に参加して、ジェネリック普及に貢献した医学ボランティア方々に感謝せずにはいられません。


改め、この仕事に誇りを持ちます。


臨床試験の参加は「臨床ネット」まで!
  1. 2008/05/12(月) 19:11:41|
  2. お知らせ

後発薬の販売展開

薬局大手の「日本調剤」は展開している薬局全店(約250店舗)で、
後発医薬品のほぼ全種類を供給できるようにしました。

これは大手薬局としては初めてで、通常の薬局に置かれている約五倍に
あたる500品の後発薬を用意した。

(2008年4月15日 日本経済新聞朝刊)


やはりコレは医療費の削減を目的にしていますね。とてもありがたい話しです。
後発薬品の開発に貢献したボランティアの方々にも感謝いたします。
この仕事やっていて良かったと思いますよ。


しかし、後期高齢者医療制度・・・薬の負担は減るかもしれませんが、
診療費は年金から削減???全く変わらないじゃないのでは?



臨床試験の参加は「臨床ネット」まで!


  1. 2008/04/19(土) 17:35:03|
  2. お知らせ

閏年(うるうどし)

閏年。4年に一度あるカレンダーの調整。

しかし、4年に一度、2月29日を設けているだけでは調節が出来ないらしい。

つまり、それでもまだわずかなズレが生じているそうです。


4年に一度ということは、一年に0.25日はずれているかと思いきや、
本来は0.25日ではない!?


それでは、何千年に1回、日程調整することもありえるかもしれないです。
もっとも、それまでは生きていませんよね・・・。



臨床試験の参加は「臨床ネット」まで!

  1. 2008/02/22(金) 19:48:42|
  2. 管理人のひとこと
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。